中国語ソフトの文字化け対策 Windows7編

Windows7でも文字化け対策 WindowsXP編と同様に、中国語や多言語ソフトの文字化けを解決できます。でも、Microsoft AppLocaleはWindows7に対応していないので、やり方が少し面倒です。下の方にあるスライド画像も参考にしてください。。

ダウンロード

インストールの方法

それでは、AppLocaleをWindows7にインストールしましょう。
Cドライブの aaa というフォルダに apploc.msi があるものとして説明していきます。

管理者権限でコマンドプロンプトを実行。

スタートメニューに[ cmd ] と入力して [ Ctrl+Shift+Enter ] を押してください。そうすると管理者権限でコマンドプロンプトが起動します。ウィンドウ左上に管理者と表示されていればOKです。

AppLocaleをインストール。

c:\aaa\apploc.msi と入力して Enterキーを押してください。あとはAppLocaleのインストールが始まるので、作業を進めて完了です。コマンドプロンプトは閉じて構いません。

AppLocaleの使い方

このサイトでも紹介しているGreenVPNのクライアントソフトを例に説明していきます。このプログラムを普通に実行した場合、中国語が文字化けしてしまいます。AppLocaleを利用すればきちんと表示されます。インストール時の文字化けについては、文字化け対策 WindowsXP編を参照してください。
w7luanma
AppLocaleを常に管理者モードで実行できるようにする。

AppLocale利用時に下記のメッセージが出てきて使えなかったら、管理者モードで実行していないためです。まずはその設定から行います。

メッセージ

AppLocale(AppLoc.exe)は[ C:\Windows\AppPatch\ ] の中にあります。AppLoc.exeを右クリックして [ プロパティ ] → [ 互換性タブ ] と進んでください。
それから、下の方にある [ 管理者としてこのプログラムを実行する ] にチェックして適用してください。これで常に管理者モードで実行できるようになりました。

AppLocaleを起動。

Microsoft AppLocale ウィザードを起動します。文字化けを起こしているソフトウェアを本来の言語で表示できるように設定していきます。下のスライド画像も参考にして作業を進めてください。
AppLocaleを適用するアプリケーションを選択 → アプリケーションの言語を選択 → [ このアプリケーションを常にAppLocaleで実行するショートカットを作成します ]にチェックして[ 完了 ]をクリックしてください。

デスクトップにショートカットを作成する。

毎回スタートから辿っていくのは面倒なので、デスクトップにショートカットを作成します。
[ スタート ] → [ すべてのプログラム ] → [ Microsoft AppLocale ] と進んでください。それから、該当ソフトを右クリック → [ 送る ] → [ デスクトップ(ショートカットを作成) ]を選択してください。デスクトップに該当ソフトのショートカットが表示されていると思います。ショートカットから起動する時にメッセージが出ますがOKを押して先へ進んでください。


Comments are closed.

中国VPNソフトの文字化け解決法

リンクについて

当サイト(vpntube)はリンクフリーです。ご自由にリンクしてください。

お問い合わせ

何かございましたらこちらまでお問い合わせ下さい。