Dns jumper でDNSらくらく設定

VPNサーバーに接続できても、YoutubeやTwitterなどが見れない時ってありませんか。
それはDNSサーバーに問題があるのかもしれません。ブラウザで入力したドメインネーム ( 例 www.google.co.jp ) に対応するIPアドレス ( 例 http://173.194.38.88/ ) を返してくれるのがDNSサーバーです。これがあるから、IPアドレス( 覚えにくいもの )を意識することなく、ドメインネーム( 覚えやすいもの ) を入力するだけで、ホームページを見ることが出来ます。
いろいろな理由があり、中国のDNSサーバーの場合、ドメインネームに対応した正しいIPアドレスを返してくれないことがあります。その結果、VPN接続しているにもかかわらず、希望のサイトへ接続できなくなってしまいます。

これを回避するために、無料で公開されているDNSサーバーを使います。
何も設定していない状態だと、[ DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する ] になっていると思います。それを、[ 次のDNSサーバーのアドレスを使う ] にして、特定のDNSサーバーのアドレスを入力します。画像では、Google Public DNS を指定しています。

dns001

でも、これをいちいち手動で設定するのは面倒だし、どうやってこの設定画面まで行くのか、わからない方もいると思います。
そこでお勧めなのが Dns jumper というソフトです。このソフトを使えば、簡単にDNSサーバーの変更&設定が出来ます。無料ソフトの上、インストールも不要です。USBメモリに入れておけば、どこでも利用できます。

Dns jumper のダウンロード

Dns jumper の使い方

メニューの日本語化をする。

英語のままでもいいですが、日本語のほうがわかりやすいので変更します。
左下にあるプルダウンメニューから [ Japanese ] を選択してください。

[ DNSのフラッシュ ] をクリックしてキャッシュを削除。

何度もDNSサーバーへ問い合わせをしなくて済むように、システム内に今までの問い合わせた結果をキャッシュしています。
中国のDNSサーバーを利用していた場合、間違った問い合わせ結果もキャッシュしている可能性があります。DNSの変更をする前に、[ DNSのフラッシュ ] をクリックしてキャッシュを削除してください。

DNSサーバーを適用。

[ 最速DNS検索 ] のボタンを押すと、Dns jumperにあらかじめ登録されているDNSサーバーの中から、早いものを検索してくれます。
下の画像では、Google Public DNS が最速という結果がでました。[ DNSサーバーを適用 ] をクリックして設定完了です。
また、[ 無料DNSサービスを選択 ] から自分で利用したいDNSサーバーを選択することも出来ます。選択後、左側にある [ DNSを適用 ] をクリックしてください。


Comments are closed.

中国VPNソフトの文字化け解決法

リンクについて

当サイト(vpntube)はリンクフリーです。ご自由にリンクしてください。

お問い合わせ

何かございましたらこちらまでお問い合わせ下さい。